SE-MASTER1
SE-MASTER1
AIR StudiosAIR Studios
AIR Studios

AIR Studios rogo

AIR Studios rogo

世界最高峰の録音スタジオ
AIR Studiosが認めたSE-MASTER1
SE-MASTER1は、世界最高峰の録音スタジオである
AIR Studiosでのチューニングセッションにより、
AIR Studios認証の最高評価である
「AIR Studios Monitor Reference」を取得しました。
ヘッドホンとしては世界で初めての獲得です。
それは、多くの著名アーティストのアルバム収録などを
手掛ける一流のサウンドエンジニアがSE-MASTER1のクオリティを認めた証です。
世界最高峰の録音スタジオ
AIR Studiosが認めたSE-MASTER1
SE-MASTER1は、世界最高峰の
録音スタジオであるAIR Studiosでの
チューニングセッションにより、
AIR Studios認証の最高評価である
「AIR Studios Monitor Reference」を
取得しました。
ヘッドホンとしては世界で初めての獲得です。
それは、多くの著名アーティストの
アルバム収録などを手掛ける
一流のサウンドエンジニアが
SE-MASTER1のクオリティを認めた証です。

※2015年3月31日時点。ヘッドホンとして。オンキヨー&パイオニア イノベーションズ調べ。

※2015年3月31日時点。ヘッドホンとして。
オンキヨー&パイオニア イノベーションズ調べ。

  • 最高の耳を持つサウンドエンジニアとのセッションで
    目指したのは、ひたすらに原音に忠実な音

    最高の耳を持つ
    サウンドエンジニアとの
    セッションで目指したのは、
    ひたすらに原音に忠実な音

    SE-MASTER1の音質は、パイオニアのエンジニアと最高の耳を持つAIR Studiosのテクニカルディレクター、Tim Vine-Lott氏とのチューニングセッションにより仕上げています。Tim氏はリファレンスとするスピーカーシステムとSE-MASTER1を聴き比べながら課題を指摘し、エンジニアがそれに応えて音の調整を行いました。数時間かけて音質のチューニング作業を行った後、時間をかけて、確認。このような改良とチューニングの作業を妥協することなく繰り返し、原音に忠実な再生、細部の音まで明瞭な中域と純粋で開放感のある高域再生を実現し、SE-MASTER1は「AIR Studios Monitor Reference」をヘッドホンとして世界で初めて獲得しました。
  • AIR Studioshttp://www.airstudios.com/

    数々の名作アルバムを手がけた名プロデューサーGeorge Martin卿が1969年、ロンドン郊外に創設。世界中の一流アーティストから世界最高峰の録音スタジオとして絶対的な信頼を集める。

    スタジオイメージ

Mr.Tim Vine-Lott
AIR Studios テクニカルディレクター
Mr.Tim Vine-Lott Special Interview
今回のチューニングセッションは、私にとって、とてもチャレンジングな体験でした。
これまでパイオニアと共同チューニングを行ってきたアンプやスピーカーシステムに比べて、
ヘッドホンであるSE-MASTER1は完全に異なるプロセスをとったからです。
このヘッドホンにはアンプやスピーカーシステムにあるような調整可能な電子回路が一切なく、
また、ドライバーユニットの背圧をコントロールする穴の大きさを変えるなどの少しの調整でも
音が変わり、音質に予期せぬ影響を及ぼしてしまいます。
その難しさの中で、パイオニアのエンジニアとともに目指す音質を実現することができました。
私が今までパイオニアとともに多くのオーディオ製品のチューニングをしてきた中で、
最も面白く、チャレンジングなプロジェクトの一つとなりました。
皆さんがSE-MASTER1の素晴らしい音を楽しんで聴いてくださることを願っています。
AIR Studios テクニカルディレクター
Mr.Tim Vine-Lott
英国が誇る名門スタジオ、AIR Studiosを代表するテクニカルディレクター。
1989年よりAIR Studiosにて数多くのアーティストのアルバム制作、
映画音楽のレコーディングに関わる。
厳しい音質基準をクリアしたAV製品に対し「AIR Studios認証」を与える責任者を務め、
アンプ、スピーカーシステムなどパイオニアとの共同チューニングを行っている。
AIR Studios テクニカルディレクター
Mr.Tim Vine-Lott Special Interview
Mr.Tim Vine-Lott
今回のチューニングセッションは、私にとって、とてもチャレンジングな体験でした。
これまでパイオニアと共同チューニングを行ってきたアンプやスピーカーシステムに比べて、
ヘッドホンであるSE-MASTER1は完全に異なるプロセスをとったからです。
このヘッドホンにはアンプやスピーカーシステムにあるような調整可能な電子回路が一切なく、
また、ドライバーユニットの背圧をコントロールする穴の大きさを変えるなどの少しの調整でも
音が変わり、音質に予期せぬ影響を及ぼしてしまいます。
その難しさの中で、パイオニアのエンジニアとともに目指す音質を実現することができました。
私が今までパイオニアとともに多くのオーディオ製品のチューニングをしてきた中で、
最も面白く、チャレンジングなプロジェクトの一つとなりました。
皆さんがSE-MASTER1の素晴らしい音を楽しんで聴いてくださることを願っています。
AIR Studios テクニカルディレクター
Mr.Tim Vine-Lott
英国が誇る名門スタジオ、AIR Studiosを代表するテクニカルディレクター。
1989年よりAIR Studiosにて数多くのアーティストのアルバム制作、 映画音楽のレコーディングに関わる。
厳しい音質基準をクリアしたAV製品に対し「AIR Studios認証」を与える責任者を務め、 アンプ、スピーカーシステムなどパイオニアとの共同チューニングを行っている。

↑↑