SE-MASTER1
SE-MASTER1
TECHNOLOGYイメージTECHNOLOGYイメージ
Made in Japan
熟練マイスターのハンドメイドモデル
山形県天童市の東北パイオニア工場。
数多のスピーカーの銘機を生み出してきたその地で、
パイオニアが持つ高い技術を惜しみなく注ぎ込んだSE-MASTER1。
設計から生産、品質管理を一貫して行い、
妥協のないクオリティに仕上げています。
一台一台、熟練した専任マイスターの手による緻密な組み立てによって
生み出されるフラッグシップモデルです。
熟練マイスターのハンドメイドモデル
山形県天童市の東北パイオニア工場。
数多のスピーカーの銘機を生み出してきたその地で、
パイオニアが持つ高い技術を
惜しみなく注ぎ込んだSE-MASTER1。
設計から生産、品質管理を一貫して行い、
妥協のないクオリティに仕上げています。
一台一台、熟練した専任マイスターの手による
緻密な組み立てによって
生み出されるフラッグシップモデルです。
TECHNOLOGY
手にした瞬間、最上の時間がはじまる。すべてはリスニングのために。
手にした瞬間、
最上の時間がはじまる。
すべてはリスニングのために。
ドライバーユニット分解図 ドライバーユニット分解図
  • PCC※1処理を施した25μアルミニウム振動板を採用

    PCC※1処理を施した
    25μアルミニウム振動板を採用

    振動板には軽量で高剛性の25μ厚アルミニウムを採用。振動板にPCC処理を施すことでアルミニウム本来の性能を引き出し、高音質化を図っています。 PCC処理は、アルミニウムの表面に高硬度のセラミックス皮膜を形成させる特殊な表面処理のことで、ヤング率※2が高く、内部損失が大きいことが最大の特長です。これにより、付帯音が少なく分解能の高いクリアでナチュラルな高域再生を実現します。

    ※1:Parker Ceramic Coatingの略。日本パーカライジング㈱製の特殊表面処理。 ※2:歪みに対する応力の大きさの値。この値が大きいほど剛性が高いことを示す。

  • エッジ部にPEEK複合フィルムを採用し、
    極めて低歪みな音を実現

    エッジには高内部損失素材を使用した「PEEKフィルム複合材」を採用し、内部損失を大きくしリブ形状を最適化。振動板に求められる高剛性を確保しています。これにより、スムースで歪みの極めて少ない周波数特性を実現します。

    ※Poly-ether-ether-ketoneの略。

    PEEK複合フィルムエッジ

    PEEK複合フィルムエッジ

  • CAEを用いた振動板と磁気回路設計による高音質の実現

    CAEを用いた振動板と
    磁気回路設計による高音質の実現

    CAE解析を用いて、振動板と磁気回路を設計。振動板はシミュレーション検証と試作を繰り返し、音質や特性を比較検証することで、最適な形状と材料を選定しました。磁気回路は、振幅時の駆動力低下率を測定することで高効率・低歪みの設計を行い、また、トッププレートには銅キャップを採用し中低音の歪みの原因となる磁気変調歪みを低減、よりクリアな音質を実現しています。

    ※Computer Aided Engineeringの略で、コンピューターによる設計開発のこと。

    振動モード

    振動モード

  • 再生周波数85,000Hzの高域再生を実現

    ヘッドホンにおけるハイレゾリューション音源の高域再生性能として定義されている40,000Hz以上を大幅に上回る85,000Hzの高域再生を実現。ハイレゾリューション音源の感動を余すところなく再現します。

    ※一般社団法人 日本オーディオ協会が定めるヘッドホンのハイレゾリューションの定義による。

    ドライバーユニット周波数特性

  • 不要な共振を低減する、フルバスケット方式

    不要な共振を低減する、
    フルバスケット方式

    カー用スピーカーで培ってきたフルバスケット方式を採用しました。スピーカーユニットを背面から抱え込み、ベース部に固定する構造を採用することで、不要な共振を低減。アルミニウム素材の使用でより強固に固定したため、音の輪郭が明確になり、メリハリのある音を再生します。ベース部には耐候性に優れたASA樹脂を採用しています。

    フルバスケット方式

    フルバスケット方式

  • クリアな低歪み特性を実現するフローティング構造

    クリアな低歪み特性を実現する
    フローティング構造

    ホーム用スピーカーで培ってきたフローティング構造を採用しました。パーツの連結箇所にゴム部材を挟むことでL側、R側の相互の音の干渉を防ぎます。これにより、ベース部とハウジング部の間、ハウジング部とヘッドバンド・ハンガー部の間にユニットの不要な振動が伝わることを防ぎ、筐体の不要な共振を低減。クリアでスムースな歪みの少ない周波数特性を実現し、L側、R側のセパレーションが向上。音の分離感、立体感を高めています。

    フローティング構造

  • 不要な共振を最小限に抑え込むアルミニウムハウジングを採用

    不要な共振を最小限に抑え込む
    アルミニウムハウジングを採用

    ハウジングに剛性の高い3.5mm厚のアルミニウム合金を採用し、ドライバーユニットの振動による不要な共振を最小限に抑え込みます。輪郭がくっきりした締まりのある低音と分解能の高い中高域を実現するとともに、リアルな空間描写を実現します。

    アルミニウムハウジング

  • 軽量な超ジュラルミンバンド&ハンガーにより
    着け心地のよさを実現

    軽量な超ジュラルミンバンド&ハンガーに
    より着け心地のよさを実現

    ヘッドバンド部とハンガー部には自然な装着感と軽い掛け心地を実現するために、超ジュラルミン(A2024P-T3)素材を採用。心地よい装着感で音楽に浸ることができます。

    超ジュラルミンバンド&ハンガー

  • スライド式ヘッドクッションで、優れた装着性を実現

    スライド式ヘッドクッションで、
    優れた装着性を実現

    内側面の表皮に柔らかな肌触りのスエード調の人工皮革素材、エクセーヌ®※を使用した幅広タイプのヘッドクッションを採用。3.5mm刻みでヘッドクッションを上下に14段階調節することができるため、お好みの位置で固定することができます。これにより、優れた装着安定性を実現します。

    ※エクセーヌ®は、東レ株式会社の登録商標です。

    スライド式ヘッドクッション

  • 独自形状で快適な肌触りを実現する立体形状イヤーパッド

    独自形状で快適な肌触りを実現する
    立体形状イヤーパッド

    イヤーパッドは前頭部側が薄く、後頭部側が厚い形状で頭部にフィットしやすい独自の形状を実現。表皮は柔らかく肌触りの良いレザータイプ素材、内部には適度な硬さと変形性を持つ低反発ウレタンフォームを採用。頭部の形状に合わせて最適な形に変形することで側頭部にフィットするとともに快適な肌触りを追求しています。

    立体形状イヤーパッド

  • 着脱式側圧コントロール構造を採用

    着脱式側圧コントロール構造を採用

    ヘッドホンの側圧を自分の好みに合わせて調整できる、着脱式の側圧コントロール構造を採用。側圧が強め/弱めの2タイプのテンションロッドを付け替えることで、お好みの側圧に調整できるため、長時間でも快適に音楽を楽しめます。

    着脱式側圧コントロール構造

  • 二種類の被覆素材を使用した着脱式コード

    コード交換が可能な着脱式コードを採用。コネクターは、MMCXタイプを採用しました。また、プラグから分岐部までは布巻コード、分岐部から本体までは無鉛PVC被覆コードと、二種類の被覆素材を採用することで、タッチノイズの低減や堅牢性が向上。さらに、布巻コードは”からみ”や”よじれ”等の煩わしさも低減しています。

    着脱式コード

↑↑